雲のやすらぎプレミアムをレビュー【寿命や耐久性は?】

実際に雲のやすらぎプレミアムをレビューしてみて気づいたことってたくさんありました。
気になるデメリットはもちろん、意外だと感じた部分もあり、使い方によっては損する可能性もあるな…って感じたのが正直なところです。
ここでは、その損をしない為の注意点や、このマットレスの気になる寿命・耐久性などについて私のレビューも交えてあなたと情報をシェアできればと思います。

実は収納がどうとかよりも重さで毎回しまう気力が無くなる

雲のやすらぎプレミアム、悪評によるとシングルが約7kg・セミダブルは8.4kgでダブルは9.8kgも有るそうです。お布団の敷きっぱなしと言うのは衛生面から見てもマナーとしても決して良いとは言えませんが、その重さゆえに出しっぱなしの方が多かったりします。収納場所は考えなくとも良く、其れよりも如何にして誰がメンテナンスをするのか・普段はどうすれば見苦しくなく邪魔に成らないのかを考えて置いた方が良いのかも知れません。

でもそれが寿命を延ばすために必要な工夫!

雲のやすらぎプレミアム、ベットマットレスタイプと敷き布団タイプとありますがいずれも一般的なベットマット・敷き布団と同じ程度の寿命を持っています。更に少しでも長く使うためにはやはり定期的なメンテナンスが必要、とはいえ元々通気性にも優れ抗菌防臭素材が使われているのでベッドで立たせてやるだけでも湿気を逃してやることは出来ます。2週間に1回は頭と足の部分を入れ換えるようにすればへたりも解消、厚みがあり重い素材だけに億劫になりがちですが、それだけはやってやりましょう。

ネットの評価でへたりの報告が…そんな寿命を延ばすためには?

へたりやすいという評価があったのは改良前の商品である「雲のやすらぎ」、このたび「雲のやすらぎプレミアム」に改良されてからは、耐久テストもしっかりと行われており欠点はかなり解消されています。長期に渡って使用しても安心、3年くらい問題なく使い続けているという方もいるようです。そして更に寿命を延ばしたいのであれば、重たい頭が来る部分を移動するよう定期的に向きを変えるなどの対策をしてみてはいかがでしょう。

この重さと厚みが腰痛対策に必須!?直置きよりもベッドの上が◎

雲のやすらぎプレミアム、普通のマットレスと比べて厚みも重さもあり扱いづらい面はあるでしょう。ただ、腰痛対策にはこれが必要な数値なのです。少しでも取り扱いを楽にというなら、フローリングにじか置きするよりもベッドに置いてみてはいかがでしょう。ほこりが付くことも無く下が空いているので通気性も良くなります。フレームに立てかけるだけでメンテナンスにもなりますし、何より常に収納することなく敷きっぱなしでも違和感がありません。

手入れ(干す・立てかける)だけでも十分!長く愛用する秘訣って?

通常はお布団をベランダなどで干すことで太陽の光にしっかり当ててやって、お手入れするものです。ただ、雲のやすらぎプレミアムの厚みと重さだと女性が取り扱うのは無理、男性でも気合が必要でついつい放ったらかしになってしまいがちです。とはいえ、やはり抗菌効果があり通気性にも気を使った雲のやすらぎでも置きっぱなしはカビ発生の原因に、せめて立てかけるようにしてメンテナンスしてやりましょう。そのまま元通りにするのではなく、その際に頭と足の向きを入れ替えるのが長く愛用できる秘訣です。